His 1st Japan.LLC Blog

His First Japan 合同会社のブログです。

全ての、居眠り系システムエンジニアに捧げる

皆さん、こんにちは、こんばんは

 

His First Japan 合同会社 代表社員の字引です。

f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

 

YouTubeなどで「なになに系ユーチューバー」

ラーメンなどで「なになに系ラーメン」

などと言われ、勝手なカテゴリー分けが出来ている。

 

僕も便乗して「居眠り系システムエンジニア」と、システムエンジニアに多いカテゴリを作ってしまう。

 

この居眠りというのは、

「眠れる獅子の様なエンジニア」

というわけではなく、そのまま、

「仕事中に居眠りしてしまうエンジニア」

ということです。

 

本当に、多いんですよ。

僕も含めてね。

 

私は、30歳でSEに転職し、遅れを取り戻すために、

30代は、午前1時より前には寝たことがありませんでした。

 

ひどい時は徹夜で勉強、自分のアプリのバグ潰し。

仕事は朝から15時まで頭が機能していない状態ということがしばしばでした。

 

そんな無理がたたり、40代を迎え、11時を過ぎて起きていると仕事に支障をきたす始末。

 

早く寝ても、仕様書を読んでいると間違いなく「落ちる」状態に、

さすがの私も、エンジニア生命の危機を感じていました。

 

食生活を改め、寝る時間を改め、それでも、いつのまにか落ちている。

 

そんな中、2018年10月後半に、顧客の職場の席替えがあり、

いわゆる、やばい席(役員の目の届く席)になってしまい、

案の定、2週間で2回、居眠りによる注意を受け、万事休す。

 

エンドにも顧客にもパートナーにも心配をかける事態となってしまった。

 

「やばい、会社の信用の危機!」

その後、会社の危機として、第一優先で居眠りの原因を分析。

 

生活の改善が出来ていることから、その点は、可能性を排除してそれ以外の

 

「姿勢が悪いこと」

「缶コーヒーを飲んだ後に眠くなることが多いこと」

などの現象から、

 

カフェインが効いていないようなので、これ以上きかそうと思うとユンケルなどの栄養ドリンクを常用することになり、むしろ身体に良くない。

仕事中のコーヒーをやめてみる。 

背もたれに寄りかからなければ、突然落ちを防げるかもしれない。

などの仮説を立て、

 

藁にもすがる気持ちで、以下の姿勢矯正椅子を導入した。

 

item.rakuten.co.jp

ヨーカ堂で買ったけどね。

 

その結果、見事に、1万5千円の投資が功を奏し、

姿勢をただしたことで、眠くはなるが、落ちる事は無くなった。

 

現時点で、約2ヶ月落ちる事が無かったので、居眠りを克服したと考えていいだろう。

 

あくまでも食生活や生活の改善、があって効果を発揮しているので、姿勢をただせば居眠りを克服できるという事ではないのであしからず。

 

30代の無理が無ければ、居眠りもしなかっただろうけど、 

30代の無理があったればの、今の仕事の楽しさなんだよな〜。

 

全ての、居眠り系システムエンジニアに捧げる。

楽しい時間を続けたければ、飯食って、寝て、姿勢正せよ。