His 1st Japan.LLC Blog

His First Japan 合同会社のブログです。

出勤が罰ゲームになる日

皆さん、こんにちは、こんばんわ。

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

在宅勤務が3ケ月に及び、久しぶりに池袋駅に行ったところ、下り階段で足を踏み外して、階段を落ちてしまいました。

 

階段を降りるときは感覚で降りていたのでしょうかね?

確かにラッシュ時は、足元なんか見えませんよね。

 

幸い、数段程度で済んだので軽いねん挫で済みました。

 

テレワークを経験した会社で、地方の企業の東京支社を解約したり、そもそも、無理して借りていたオフィスを解約するなどの動きが出ているようですね。

 

これからの企業は、テレワークがメインでどうしても必要な場合は、オフィスを借りるというような形式にシフトしてゆくのではないでしょうか?

 

「テレワークで生産性の低い社員は出勤をしてきっちり監督する必要がある。」

と、考える方もおられると思います。

 

でも、これだと、「出勤する社員は、生産性が低く、罰ゲームとして出勤させる。」と、とらえられるようになり、出勤を命じられたとたん、BizReachに登録するようになってしまいます。

 

生産性が低くとも、テレワークで管理するのが管理者の腕というもの。

テレワークではテレワークにふさわしい管理方法がある。

 

これからの時代は、出勤をするという行動が、テレワーク主体の社会になじめない旧泰然とした会社、無能な上司に付き合うという、罰ゲームになるということも考えられますね~。

 

たぶん、今後はテレワークできない会社は、魅力や労働力市場での強みが得られないと思います。

 

弊社では、テレワーク主体の会社を作ります。

スモールオフィス、ラージネットワークの企業を目指し、セキュリティの問題についてもできる限りの対応を行います。

 

古い革袋に新しいワインを入れれば、古い革袋は破れて新しいワインはこぼれて無駄になってしまいます。

新しいワインは、新しい革袋に入れるほうがいいですね。