His 1st Japan.LLC Blog

His First Japan 合同会社のブログです。

子供にローマ字入力で50音を教えてみた 2

皆さん、こんにちは、こんばんわ。

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

 

このPC学習環境で子供にローマ字入力で50音を教えた件についての続報です。

hiscomputingdevblog.hatenadiary.jp

 

親バカだといわれることは、仕方ないと思いますが、

 

子供にローマ字を入力させ、絵本を写させたところ、


「ひつじのパンやさん」という絵本を、1週間で写し終えてしまいました。

www.ehonnavi.net

あれ?ローマ字って、小学校3年生で習うものではなかったっけ?

最低限を教えて、最低でも半年を見込んでいたんですが・・・

f:id:a-j1b1k1:20190120223101p:plain

絵本を写した

保育園年長で、結構いけちゃってるんですが・・・

*1

 

真ん中のファイルに必要な情報を書いて教えてあげて、あとはひたすら打つべし。

を繰り返していたら、いつのまにか出来るようになっていた。

 

分からないことをちゃんと聞いてくるので、かなり速いペースで進んだ。

 

想定では、半年は見込んでいたのですが、キーボードの扱いは一本指打法ですが、それでも、本を写すところまで、1週間とは、恐れ入った。

 

今の学習環境は、Windows10の90日お試しライセンスを使って、シンクライアントで構成されているので、早くも、お試しではなく、購入することになりそうだ。

 

これは、公文式での学習効果だと思っています。

www.kumon.ne.jp

ベビーKUMONから始め、幼児、小学教材まで進んでいる。

年中で漢検10級に合格するなど、ある程度の負荷をかけても勉強を続けてきたことが分からないことを聞けるというスキルを育てたんだと思います。

 

僕なんて、5歳の時はこんなことはできなかったと思います。

 

とはいえ、子供もある程度できるようになると、興味を失ってしまうところがあるので、定着するまでやらせて、次の課題を考えないといけない。

 

 

 

*1:表示されている内容が、絵本1冊分に該当する著作権のあるデータなので、モザイクを入れておきました。

子供にローマ字入力で50音を教えてみた

皆さん、こんにちは、こんばんわ。

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

 

このPC学習環境で子供にローマ字入力で50音を教えた。 

hiscomputingdevblog.hatenadiary.jp

 子供は、現在保育園の年長、4月からは1年生という状態。

 

0歳児の頃から公文式を学び、ベビー公文、国語、算数で3年先の学力をつけている。

漢検10級(小一)合格したレベル。

 

当然、ひらがな、カタカナ、主語、述語、修飾語などの文法もわかるレベル。

 

「あ」から「ん」までの表を作ってあげて、5−6回繰り返し入力させ、あとは、自分でローマ字表をみながら、絵本を入力させた。

 

結果、時間は掛かるけど、なんとか入力出来る状態。

 

まずは、キーボードに慣れてもらわないと、今の所、話がはじまらない。

 

スマホ用のディスプレーキーボードは、おそらく、これから嫌という程触るので、まあ、先にそちらを教える必要は無いかな。という感じ。

 

 

Eclipse Cheを導入して見た

皆さん、こんにちは、こんばんわ。

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

この記事は、Eclipse Cheのインストール記録ではなく、

「電車の中で、スマホだけでコーディングができたら、とても素敵な事だよな〜。」

を実現することについて書いています。

 

Eclipseといえば、Javaプログラマーであれば、すぐにわかる「あれ」である。

Eclipse Cheは、ブラウザベースのEclipseです。

 

hiscomputingdevblog.hatenadiary.jp

 

ウチの奥さんも先日、Java Silverを取得し、これからプログラミングを改めて学び直さないといけない状況になっている。

 

子供は、プログラミング云々は、まだまだ先ですが、ウチの奥さんは、けっこう直近の課題。

 

いちいち、スタバ入って、これ見よがしにLaptop広げて、コーディングをしている方々の真似をする事なく、

 

電車の中で、スマホだけでコーディングができたら、とても素敵な事だよな〜。

 

と、考えた中で、ブラウザでの開発環境が、なんだかんだ言って、一番良いのではないかな〜と思い、仮想マシンを立ち上げ、導入した。

 

最初インストールした時は、適当にググった記事を参考にして、導入した。

→まともに動かない。

 

けっこう調べて、久し振りの「まともな情報少ない系」案件に、Webの玉石混淆の沼を避け、1次情報である、Eclipse Cheのドキュメントを頼りにする。

→インストールは1、2度失敗してうまくいく。

 

マルチユーザー関係の設定がおかしく、正常に動かない。

→流石のStack Over Flow殿の記事から、問題を解決した。

 

iPadで動作確認をしたところトークン云々のエラーが発生した。

→PCで確認したところで、エラーは発生しなかった。

 

とりあえず、Docker環境でマルチユーザーの設定ができるまでに4時間くらいかかったけど、なんとかなった。

 

「まともな情報少ない系」案件は、判断ができたら、すぐに公式サイトの情報にシフトするのがいいね。

 

現時点で、MacのCromeでしか操作は出来ないので、

「電車の中で、スマホだけでコーディングができたら、とても素敵な事だよな〜。」

 を実現することは出来ていません。

おいおい、なんとかなるだろうから、とりあえずはこれで、進めようっと。

全ての、居眠り系システムエンジニアに捧げる

皆さん、こんにちは、こんばんは

 

His First Japan 合同会社 代表社員の字引です。

f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

 

YouTubeなどで「なになに系ユーチューバー」

ラーメンなどで「なになに系ラーメン」

などと言われ、勝手なカテゴリー分けが出来ている。

 

僕も便乗して「居眠り系システムエンジニア」と、システムエンジニアに多いカテゴリを作ってしまう。

 

この居眠りというのは、

「眠れる獅子の様なエンジニア」

というわけではなく、そのまま、

「仕事中に居眠りしてしまうエンジニア」

ということです。

 

本当に、多いんですよ。

僕も含めてね。

 

私は、30歳でSEに転職し、遅れを取り戻すために、

30代は、午前1時より前には寝たことがありませんでした。

 

ひどい時は徹夜で勉強、自分のアプリのバグ潰し。

仕事は朝から15時まで頭が機能していない状態ということがしばしばでした。

 

そんな無理がたたり、40代を迎え、11時を過ぎて起きていると仕事に支障をきたす始末。

 

早く寝ても、仕様書を読んでいると間違いなく「落ちる」状態に、

さすがの私も、エンジニア生命の危機を感じていました。

 

食生活を改め、寝る時間を改め、それでも、いつのまにか落ちている。

 

そんな中、2018年10月後半に、顧客の職場の席替えがあり、

いわゆる、やばい席(役員の目の届く席)になってしまい、

案の定、2週間で2回、居眠りによる注意を受け、万事休す。

 

エンドにも顧客にもパートナーにも心配をかける事態となってしまった。

 

「やばい、会社の信用の危機!」

その後、会社の危機として、第一優先で居眠りの原因を分析。

 

生活の改善が出来ていることから、その点は、可能性を排除してそれ以外の

 

「姿勢が悪いこと」

「缶コーヒーを飲んだ後に眠くなることが多いこと」

などの現象から、

 

カフェインが効いていないようなので、これ以上きかそうと思うとユンケルなどの栄養ドリンクを常用することになり、むしろ身体に良くない。

仕事中のコーヒーをやめてみる。 

背もたれに寄りかからなければ、突然落ちを防げるかもしれない。

などの仮説を立て、

 

藁にもすがる気持ちで、以下の姿勢矯正椅子を導入した。

 

item.rakuten.co.jp

ヨーカ堂で買ったけどね。

 

その結果、見事に、1万5千円の投資が功を奏し、

姿勢をただしたことで、眠くはなるが、落ちる事は無くなった。

 

現時点で、約2ヶ月落ちる事が無かったので、居眠りを克服したと考えていいだろう。

 

あくまでも食生活や生活の改善、があって効果を発揮しているので、姿勢をただせば居眠りを克服できるという事ではないのであしからず。

 

30代の無理が無ければ、居眠りもしなかっただろうけど、 

30代の無理があったればの、今の仕事の楽しさなんだよな〜。

 

全ての、居眠り系システムエンジニアに捧げる。

楽しい時間を続けたければ、飯食って、寝て、姿勢正せよ。

子供の学習環境について

 皆さん、こんにちは、こんばんわ。

 

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

hiscomputingdevblog.hatenadiary.jp

 この記事の続きです。

 

学習環境については、PCの投資が必要です。

しかし、やってみたら拒否反応を示して、続かない!などとなると、「おいおい、待ってくれよ。」と、なってしまいます。

 

なので、弊社の環境を利用し、仮想デスクトップ、社内で研究用に購入したZeroClientー試用版Windows10を活用した、初期投資もZeroの学習環境構築。

f:id:a-j1b1k1:20181223234329p:plain

これなら、半年様子を見て、続きそうなら、PCに買い替えてもいい。

ま、多分、PCに買い替えることはないだろうと思います。

 

 

 

 

小学校6年生で、OJCP Brondzに合格する! できる!? できない!?

 皆さん、こんにちは、こんばんわ。

 

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

このブログの読者の方々は、プログラミングができる人もいれば、できない人もいると思います。

 

タイトルにある「OJCP Brondz」という文字についても説明が必要な方もいると思います。

簡単に言うと、プログラミングの資格です。

 

エンジニアに求められるスキルは、「PG理解」「学習力」「実行力」「柔軟性」「調査力」などがありますが、資格を持っていると「PG理解」「学習力」が、証明されます。

 

資格のあるなしが、その人の仕事を左右するので、開発会社は、こぞって資格取得を奨励しています。

 

しかし、現場を経験せずに資格を持っていると、私も経験した「資格持っていても仕事はできないね」ハラスメントの餌食となります。

※ この手のハラスメントは、資格を持っていない中年エンジニアから受けることが多かったです。

 

資格と現場仕事は切り離してここでは考えます。

 

望む、望まないにかかわらず、今後、義務教育中のプログラミング教育が加速されます。子供達が、否応無しにプログラミングを勉強しなければならない時代がやってきます。

 

そこで、一つ考えてみました。

 

「小学校6年生で、OJCP Brondzに合格する!」

 

これは、実現する可能性はあるのか?

合格させるために必要なスキルは何か?

 

考えてみた必須スキルで、大きなものは、普段の生活で養っていくものばかり。

f:id:a-j1b1k1:20181223231844p:plain

マナーとか、コミニュケーション能力、大人と試験を受けることができる。他の人に迷惑をかけない。泣いたりしない。などが、大きなスキルになります。

あとは、プログラミングで遊んで、読書や公文式などで3年先の国語力を養っておければ、十分いけると考えられます。

 

さて、この仮説は正しいかどうか?

来年1年生になる子供に、PCの使い方を教えるので、この件についても試していきたいと思う。 

 

 

 

「てんびんの詩」から、学んだ、手法と哲学の違い

皆さん、こんにちは、こんばんわ。

His First Japan 合同会社 代表社員の字引淳です。

 f:id:a-j1b1k1:20180805211928p:plain

 

前回の記事から自分なりの発見と感想を書いておきます。

 

hiscomputingdevblog.hatenadiary.jp

 

私は、仕事柄、会社員時代から経営学の本などを読んで、「仕事をとる、する、継続する」に対してヒントがないかと勉強をしてきました。

 

孫正義の本、飯田亮の本、ビルウィルソン牧師の本、新刊、旧刊、結構読みました。

ライトなMBA講習も受講したり、他の人が同様の講習を受けた時けば、その人のテキストを教えてもらい、自分でも購入し、学んできました。

 

その中で、リーンキャンバス、リーンスタートアップなどのビジネスモデル開発手法を知り、会社員の頃から個人的に実際に運用してきました。

 

これは、なかなか成功したものだと思いますが、同時にこれは手法でしかなく、「なぜこうするのだろう?」という、根本的な疑問を解決するものではありません。

日本、アメリカ、中国、ヨーロッパ各国、商売に関する方法は様々ありますが、その中の一つに過ぎないということです。

 

技は、基本となる考え方が異なれば仲間にもなれば敵にもなります。

私は、鹿児島の古武術、野太刀自顕流 兵法会で武蔵常盤道場の道場主もさせていただいております。

基本的な考えとして、武術の技は、用いる人や集団の意思によって、暴力にもなるし、国を守る剣ともなり得ます。だからこそ、きちんとした考え方をお持ちの方にしかお伝えをしたくないと考えます。

 

それと一緒で、リーンスタートアップも所詮手法でしかなく、それを利用する人の考え方が大きく影響します。

 

私は、その商売に関する基本的な考えについては、家伝のものはないので、外注して学ぶしかありません。

 

 

「「てんびんの詩」で語られていることは、所詮、綺麗事だ!」という様にしか受け取れない残念な人も世の中にはいると思いますが、

私にとっては、技を活かすのはベースとなる人間性、お客さんとの信頼関係であるという、一番基本的なことを教えていただきました。

 

たまたま、運よく「てんびんの詩」を視聴する機会を得ることが出来たことは、何よりも素晴らしいことだと思い、神様に感謝するばかりです。